まずは入庫しましたら電気系統の点検と外装の点検を行いシートなどの養生をします

養生なしではシートには決して座りません

塗膜の現状を確認して補修が必要か判断します

現状の塗膜が劣化している場合は剥がす以外に選択肢はありません

そしたら分解をします

当店で基本的に分解するものは前後バンパー、ドアミラー、アウターハンドル、各モール類、ドアガラス(車種によります)ヘッドライト、テール、ルーフアンテナ、トランク(バックドア)、フェンダー、とここまでが一般的です。スライドドアの車種で内側まで塗装する場合は分解となります。前後ガラス、クォーターガラスの脱着はご希望の場合は別途追加となります。車種によっては分解個所が異なる場合もあります。

補修箇所を治していきます

補修の際もきっちり養生します

塗装に入ります

当店では基本的に一度で全体を塗ることはしません

極力一度に塗装する面積を少なくしたいので、モールで切れる場合はルーフとボンネットで上面をまず塗ります

ボンネットの裏を塗る場合も同時となります

本来は外して裏ぶきをしたいところですが別料金となります

先に上面を塗装するのにも理由があります

全部まとめて塗装しようとするとルーフがどうしてもザラザラになってしまいます

それを防ぐためと

側面を塗るときのミストがどうしても上面に乗りやすくなってしまいますのでそれを防ぐためでもあります

要するに仕上がりを少しでも良くするためにちょっとしたこだわりです

ゴミがたくさん付着したりザラザラになったりしてしまうと磨きの時に肌を落とすために全面にペーパーを当てないといけなくなってしまいますので仕上がりが不自然なぺったんこな肌になってしまいます。これもちょっとしたこだわりなのですが極力塗りで肌は決めてゴミだけはねるというのがベストだという考えなのでこの塗り方でやってます

そうしたら側面をはじめます

これもまたちょっとしたこだわりなのですが、塗装の際の横のつながり部分が肌が荒れやすいのとドアを外さないで内側も塗る際はフェンダーを外さないとフロントドアの前方が色が入りづらいのでフェンダーもできるだけ外してます

色にもよりますが本当はドア等もすべて外して別塗りした方が肌がきれいに整いますしゴミも減ります

もちろん色がずれてしまう色もありますので外せない場合もあります

マスキングもとにかくミストの流れを考えて極力室内に入らない用に、また関係ないところに色が飛ばないように行っています

続いて残りの部分を塗装していきます

裏側ももちろんマスキングしてます

他のものを塗装している際に本体の乾燥をじっくり行っています

この状態で組付ける前に磨いています

残るは小物類です

細かい部品はやはり分解した方が隅々まで塗装できます

前後バンパーも進めます

当店ではバンパーをつけたままの塗装は行っていません

肌荒れももちろんですがいろいろなトラブルが起きるリスクが格段に高くなるので別塗りをします

磨きが終わったらすべて組付けていきます

組付けが終わったら電気系統の確認をして車内の清掃をします

最後に納車直前に外装の洗車をして完成となります

車種によって若干の違いは出てきますがこんな流れで作業を行っています